スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



リアル松岡充

リア充って何のことか知ってますか?

なんか最近よく聞くこの言葉。



僕は全然検討もつかんかくて、リアル松岡充の略だと思ってた。

なんつーの。なんか綺麗でかっこいい人をさす言葉みたいな?




ただ、残念なのがこれが本気でそう思ってたっていう事実。






ま、それでもひょっとしたら違うかもしんないって思って、

ていうか、文脈的におかしいとこで「リア充」でてきちゃって、

わからんことはネットに聞けっつーことで、検索してみた。







説明文








あーなるほど。

って、全く逆の情況ね。僕と。


ここ最近の外出といえば、家とコンビニンの往復。発したことば「どうも」のみ。

最近の趣味といえば、にこにこ動画に「wwwwwwwwww」とコメントすること。

そんでもって、つい先日 TWO PIECE なんていうブログを立ち上げたばかり。







まさしく、「逆リア充」とでもいうのか、ネットが充実してる今日この頃。





そんなこと考えてたら、







いらん説明







ご丁寧にどうも。















余計なお世話じゃ!!(殺意)



スポンサーサイト



人の話しはちゃんと聞きましょう

子供のころ、僕は割りとプライドが高い子だったので、

コンビニとかに行って、レジで「ありがとー」って言われると、

「ありがとうございました」だろ!!って思ってました。





でも、いざ店員の立場になると、

「ありがとうございました」なんて子供に言うわけがない。

むしろ、同級生くらいより下にも言いたくない。




なりたくなかった大人になってるのかなーって思った。






これから、おっさんになるにあたって、

人の話しを聞かない大人にはなりたくない!って思ってた。



うちの親父とかもそうなんだけど、

相手の話しを右から左へ受け流して、

自分の話しをし続ける。





耳が遠いのかもしんないけど、とにかく自分でいっぱいいっぱい。




それがすごい嫌だったから、人の話しはちゃんと聞こうって思ってた。

話しを聞かないと相手をイライラさせて、迷惑かけちゃうしね。






でも、間違ってた。








歯医者行ったとき。

50歳くらいのおじさんがいたの。



ま、初老くらいな。





お医者さんの話しを聞くによると、

どうも、このおじさん抜歯をしたらしい。

入れ歯かなんかはわかんないけどね。




親不知でもなんでも抜歯を経験したことある人ならわかるけど、

抜いた歯のとこにガーゼみたいのを詰められて、

「血を止めるために、しばらくガーゼをしっかり噛んでてください」

って、言われるんだよね。





おじさんもそんなんことを先生から言われてた。

そんで、おじさん、「何分くらいかんだがいいですか?」って聞いてた。

お、ちゃんと会話できるおっさんだなーって。感心してた。



うちのパパだったら、「あーはいはい。わかりました。」って、言った次の瞬間。


もうガーゼ捨ててるから。間違いない。

おーい。

わかりましたって言ったよな。

なんもわかってねー。

だから、人の話しを聞けー。





そんなもんだから、お、このおっさん人の話し聞く気あるぞーって思って。

いい子だーって。

心の中で頭なでてあげてたわけさ。






「あ、最低でも30分くらいは噛んでてください。」





だって。わかったか、おじさん。

病院出てすぐ、ガーゼ捨てるんじゃないぞ。




「そうですか。」って。おじさん言った。



お、ちゃんとわかったか。偉いなーおまえ将来大物になるぞー。





んで、おじさん待合室に腰掛けた。












ん?


あれーって。思って眺めてた。

清算終わったのにおじさん帰らないから。

誰か待ってるのかなーって。





そしたら、おばさんがやってきた。

車を駐車場から病院の前に動かしてたらしい。





「ちょっと、お父さん。何してるの、帰りますよ!!」


「ん?いや、30分噛んどけって言われたんだ。」









やっぱりー。

誰もここで噛めとは言ってないよー。

大丈夫だって。噛みながらでも人間歩けるように出来てるから。




おじさんちょっと人の話し聞きすぎちゃってた。




僕は歯は痛いわ、笑えなくて腹筋辛いわで大変だった。

人の話しを聞きすぎても他人に迷惑かけることを知った。





モラトリアム継続許可願い

大人になんかなりたくない。

そう思ってる。

ずっと子供のまま。なんの責任もなく遊んでくらせたら。

それはどんなに素晴しいことだろう。

でも、僕はもう法律的には大人らしい。




確かに。

幼いころにはつま先立ちでも届かなかった扉に届くようになった。

それに、女の子にはわからないだろうけど、

男子トイレ。の小便器の方。

自動で水が流れるようになってるんだけど、

身長が足りないとセンサーに届かなくて水が流れないんだよな。

でも、もうそんなことはない。



なにより僕はもう成人男性だ。

もし犯罪でも犯そうものなら顔写真付きで名前も公表される。

そんな社会的に責任のある成人である。




しかし、子供のころに描いていた大人像と比べるとはるかに幼い。

自分のすることに責任を持てているかというとそうでもないし。

まだまだ子供という保障に甘えている部分は確かにある。




だから、僕はまだ大人になる為の条件をクリアしきれていないように思う。






僕は焼き魚が食べれない。




アレルギー的な問題とか好き嫌いじゃなく。

というか、どっちかと言ったら魚は好きだ。



ただ、小さいときから焼き魚がでると、

はいって。

親に身の部分をむしってもらっていたから。

だって、骨とか飲み込むと痛いし。

だって、なんか苦いとことかあるし。

なにより、焼き魚って魚のまんまで可愛そうだもん。








でも、大人になれさえあすれば自然と焼き魚を一人で食べれると信じていた。




それがどうだ。

今、一人で焼き魚を食べると、全体のうち4割くらいしか食べれない。

他人に言わせると、僕は酷くもったいな食べ方をしてるし、下手らしい。

食べると言うより散らかす。そんな感じらしい。でも、僕必死。






大人ってものは焼き魚を一人で食べれるもんだから、

僕はまだまだ子供だってことだろう。

そして、食べるようになるまで大人にはなれないのだ。









やったー♪

(って、こら)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。