スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



夜明けの鐘

人の命に値段はつけられない。




よくそんなことを言う。






きっとそうなんだと思うけど、

いまの平和にいくらの値がつくのか、

そんなことは考えたことなかった。



夏休み。

僕は鹿児島の知覧にある、特効平和会館と

長崎の原爆資料館に行く機会があった。




空気や自然みたいに、

平和もそこにあってあたりまえのもの。

そんなんじゃないって。




そう感じた。




戦争でのたくさんの命の犠牲。

一つの命に値段がつけられないなら。。



たくさんの命を費やした戦争。

そして、いまの平和。

いったいいくらの値がつくのか。







平和は決してタダじゃない。







僕は戦争が怖い。

誰かに殺されるのも怖い。

誰かを殺すのはもっと怖い。








莫大な命の遺産を費やして今の平和があるなら、

どうかその遺産を食い潰さないで欲しい。


きっとこれまでで、恒久の平和を約束できるだけの命は費やされてる。





それは世界全部を平和にしてもお釣りがくるはずだ。






僕は戦争が怖い。

でも、いまも怖い思いをしてる人が確かにいる。





スポンサーサイト



トンビは鷹を産まない

最近お疲れモードだったので、ちょっと実家に帰ってました。

んで、全力でクライシスコアしてきました。

おかげで逆に疲れました。主に目が。



結構好きです。2日で全クリしたけど。

最後必死で生きようとしたけど。



そうこうしてるうちに、福田さんが新総裁になりましたね。

なんでも親子二代の総理大臣だそうで。




蛙の子は蛙ってことでしょうか。

政治家さんとか有名人でも2世だの3世だのって聞くもんです。




僕はずっと両親とは違うって思って生きてきました。

親子仲が悪いとかではないんですけど、

違う人生を生きたいって。トンビが鷹を産んだような。




そして、自分的にはそれが出来たって思ってた。




自分は両親とは違う。

そんな道を歩んでるって。

実際。両親とも大学に行ってないから。



そんなちゃっちなこと。

外面。ステータス。

それも大事だと思うけど。





実家に帰って両親と話してわかった。






自分は両親と何も違わない。





自分の性格で一番嫌いだなって思ってるとこ。



それは両親譲り。

両親といてイヤだなって思ったことは

いつも自分でイヤだって思ったことだった。




結局自分は両親の子でしかなかった。

蛙の子は蛙。

きっと自分は両親から逃れることはない。

気付いてないだけで、人格の全てで

両親の影響を受けているはずだ。









トンビを鷹を産まない。






でも、それも悪くない。








そう 大事なのは輝く過去

milky way 綺麗にみれるといいですね。



戻りたい過去ってありますよね。

戻って変えたい。現在そして未来を。

そんな時を抱えてる人は多いのかな。




だからって、過去に戻ることはできないらしい。

まさか、「ハレルヤー」ってタイムスリップできんし、

たぶんこの世界にはドラえもんもエルオーネもいない。




なんか4次元の旅?とかで未来にはいけるらしいね。

それでも、今のとこは過去には戻れないとかなんとか。

だから、過去は変えられない。







どんだけ悔やんでも、やり直したくても、戻れない。






でも、ほんとにそうかな。

過去は変えられない。以上!



違うんじゃない。

たぶんそれだけじゃないの知ってる。

気付いてなくても体験してると思う。







過去は変化していくものだってこと。











過去と現在が未来を規定し、

未来と現在が過去を規定する





受験のときに出会った言葉。うろ覚えだけど。

覚えてるのはこのフレーズだけなんだよね。

なんかよくわからん話のなかで出てきたの。





それでも、あの日の僕はこの言葉でハッとしたのかもね。

なぜかこの言葉だけは覚えてて、僕が悩んだときに顔を出す。





一行目は当たり前。

昨日今日の行いは明日を決めていく。




二行目が不思議だったけど。納得したんだよね。

明日と今日のことが昨日を変えていくんだって。

そう 過去は変えられる。




今は苦しんでるから、闇のなかにいるから、

その今から振り返る過去も闇のなかにある。

それが今の闇の原因を作った過去なら尚更。




でも、今日頑張って、頑張って頑張って、

明日何か成功したら、明日の世界は晴れるじゃない。

そこから振り返る過去の道も一緒に晴れるんじゃないかな。




あぁ。あの時の失敗や苦悩があったから、今日の僕がいるんだって、

苦しかったはずの過去が愛おしく思えるようになるんじゃないかな。

輝く未来を手にすれば、同時に輝く過去も手に出来るんだと思うの。





過去の出来事は変わってないのに、その過去の感じ方が変わる。

たった、それだけ。それだけで過去を含めた人生の見方が変わる。

全部肯定できる。





そう思うんだよね。







過去に戻ってやり直せるなら、失くした大切なものを取り返せるなら、

その結果、今を変えられるなら、それが一番いいのかもしれない。

そうすれば、君が望む世界が手に入るのかもしれないからね。





でも、今からでも未来を使って過去は変えられるんじゃないかな。

それはその未来で君が何かを手にしたときだと思うんだけどね。

過去の後悔が大きいなら、もっと大きな未来の幸せを掴めばいい。






今のとこ、科学でも難しいらしい過去に戻るってことより、

ずーっと現実的な方法だよ。同じ過去を変えるって意味で。







けど、そのためには真夏日くらい快晴の未来を手にしないといけない。

そんな未来を手にするためには、現在を一生懸命頑張るしかないんだ。

闇の道を歩き続けても辛い過去はそのまま。もっともっと辛く苦しく。







でも、安心していいよ。

いつか必ず晴れるから。

変えたい過去も変わるから。

だから、安心して。

今を頑張りな。












そして、もう。泣くな。







がんばれ。 がんばれ。がんばれ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。