スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



変わるもの変わらないもの

久しぶりに阿蘇に行ってきました。

小さいころはよく家族で行ってたんでね。

とても懐かしかった。




夫婦げんかは犬も食わぬなんてよく言ったもんで、

うちの両親はまぁこれがしょっちゅう喧嘩してます。

家にいると一日一回はわーわー言い合ってて、

子供としてはあーもううるさいうるさいって感じでほっときますが。



喧嘩するほど仲がいいなんてよく言ったもんで、

それはうちの両親には当てはまらないんじゃないかって。

両親の言い争いなんて日常茶飯事すぎて慣れっこ。

つか、それがあたりまえの夫婦の形だと思ってた。

違ったけど。




さて、そんな僕は先週帰省してました。

今回はただのんびり落ち着くために帰ったから、

久しぶりに、ほんと5年ぶりくらいに、

町内をブラリとしてみたんです。



小学生、中学生、高校生、大学生。


そのランクアップの度に行動範囲は格段とひろくなり、

小学生のころは活動の主力だった町内も、

高校生になるころには活動の場を街中に奪われ、

大学生になり実家を離れた僕にとってはもう過去の遺産。




気付けば本当に久しく町内の様子を伺ってなかった。


実家でのんびりしてるいまこそ目を向けるとき。

心を落ち着けるにはいいかもしれない。

だから、僕は旅に出た。





町内一周の。





で。

僕の実家はかなり田舎。

あ、でも阿蘇ほどではない。

熊本の紹介なんてたいがい阿蘇か温泉なんで、

県外の方には熊本っていなかなんだなーって思われてる気がするけど、

んなこたぁない。

ちゃんと電気通ってるし、トイレだって水洗。

さらに、フォーマの電波だって届くんだからね。

失礼しちゃうわ。





んで。

うちの町内はいわゆる地主さんとかがいて、

とっても大きな家とかが多い場所。





だったんですけど、

僕の記憶の中ではでっかい一軒やだったところが、

4軒ほどの集合住宅地になってたり。

アパートになってたり。

駐車場になってたり。

町内の姿が僕の記憶とは違ってた。




この変化は近代化とは違うのかもしれなけど。

あののどかで、とても田舎くさい景色好きだったのに。

僕の町内はほんとにほんとに過去のものになってしまった。






やっぱり月日が経てばいろんなものが変わっていくんだな。






少し寂しい気持ちで僕は家路についた。

家では両親がいつものように喧嘩してる。

あぁ変わらないものがここにはあるのか。



そう思った。



うるさいばっかりでイヤだった両親の言い争いも。

僕が落ち着ける場所のひとつなのかもしれない。

少し昼寝しようかと僕は部屋に入って横になった。




母の怒鳴り声がよく聞こえる。
































…やっぱり落ち着かないや。

(こんだけ怒鳴ってて落ち着けるはずがない)



スポンサーサイト



完敗にもほどがあるHOMEトンビは鷹を産まない

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。