スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



コカン

僕の通っていた高校はどうやら独特の略とかするみたいなので、

一応注意補足しておきますが。

僕らは古典と漢文を合わせて、古漢(こかん)って呼んでいました。





コカンって言葉。

放送禁止用語でもなんでもないのに、

なんか卑猥。わいひー。

そして、なんかちょっと恥ずかしい。



高校で日本史をやったことがある人なら、

一度聞いたら忘れない名前。





虎関師錬。







これ。コカン シレンって読むの。

いや。本名だよ。

これを始めて授業中に聞いたときは困った。




ていうか、あの空間にいた皆が困ってたはず。

コカンシレンって、君!!って。

だいたい、コカンシレンってあれか。

股間試練かと。

どんな試練だよ、おまえ。

股間の試練ってなんだよ。

股間に試練なんて辛いよ。

と心のなかでツッコミ。

笑いたいけど、笑えない。



いや、そもそも股間なんて卑猥な言葉じゃないんだから。

ここで、笑ったら負けだ。笑っちゃダメだ。笑っちゃダメだ。笑っちゃダメだ。




エロがバレル。




しかし、ここで、まさかのコカンの連呼。

日本史の先生。

「コカンは~」「で、コカンが~」「コカンはな~」



こいつ確実に笑かそうとしてる。

だいたいコカンそんな重要人物じゃねーし。

さっさと、次にいけや、おんどれーー!

笑えないのに笑かそうとするとか、マジドS。



でも、笑えない。負けられない。

絶対に負けられない戦い。

こんなコカン シレンなんかに、

僕のハイスクールライフを壊されてたまるか。



もしここで笑ったら、

「ねぇねぇ、あいつコカン シレンって聞いて笑ったらしよ~」

「ま~じ~?チョウやらしいんですけどー」

とか言われ続けるんだ。









い、嫌すぎる。







まさに、中学生の英語の授業で、初めてコンマを習ったときの心境。


だめだよー。

中学生に教えちゃダメだよー。

しかも、先生、「おや、どうしたんだい?」って。

おまえが、一番顔にやけてるから!!

どんな教育者だよ。

こっちは笑えねぇ!って、言ってんじゃん。

も~。まともな先生いないのー?




なんとか耐え抜いた日本史の時間。

そして、放課後。




一人の女の子がこう言った。






「ねぇねぇ、コカンどうだった~???」





笑っちゃダメだ笑っちゃダメだ笑っちゃダメだ。




彼女が言ったコカンは古漢のこと。

それはわかった。ちょうど試験の返却期間。

うちの高校は国語が論説と古漢でわけて試験するから。

でも、そんなの関係ねぇ!



笑っちゃダメだ笑っちゃダメだ笑っちゃダメだ。



彼女にとって悲劇だったのは。

ちょうど教室中がシーンっとなった瞬間だったこと。

あるでしょ。

ずっとざわざわしてたのに、なぜか一瞬だけ静まるとき。

みんなの会話の途切れるタイミングが偶然一致。

そして、そのあと誰かが、「なに、この静寂!?」とかいってみんなで爆笑。

そのタイミングで、この子がコカンなんて言うもんだから。

教室中のみんなが聞いてた。

そして、笑えねーーー!!って思ってたハズ。




だから、教室中シーーンってしちゃって、笑ったら負けな空気全開。





その時、







あはははは









だ、誰か負けたーーー!!





笑ったのはコカンって言った本人だった。

「コカンって~あたし~」って言いながら顔真っ赤。

それをきっかけに教室爆笑。

溜まってた分、大爆笑。

やっぱり、みんな笑い耐えてたーー!!



当の彼女は「え、なに?カンコ!?漢古がどうしたって??」

なんて言われてやじられてた。

僕はこんなに爆笑を誘った、彼女に嫉妬してたけど、

彼女にとっては股間試練な一日だっただろう。





スポンサーサイト



昨今の教育問題について考えてみたけど、本気出せなかったHOME人は見た目が10割

COMMENTS

股間の話ですか。奇遇ですね。
僕の記事もそうです。
でもぱくったわけじゃないですよ?w

でも日本史習ってたのに虎関師錬知らないってオレって駄目じゃん…
そんな面白い人覚えてないなんて!

トミヤさんへ

奇遇ですね。
ぱくったわけじゃないのはわかります。
だって、あれはすごい話しでしたから笑w

あー日本史習ってたんですね。
もったいねー
でも、おかけで僕が記事に書けたのでよかったです笑

トミヤさん頑張ってください笑w
僕は友達にばれてないと信じてやってます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。