スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



おすすめ告白風シリーズ・その3

 


「ごめん、やっぱ帰るわ」

「なんでだよ。第一もう少し話そうって言ったのそっちだろ」

「あーごめん。でも帰りたいの」

「俺なんかしたか?何か変なこと言ったか?」

「いいえ。あなたは悪くないわ。気にしないで。」

「気にするなって。。そんな理由も分からないんじゃ気になるだろ!」

「ちょっと。大きな声出さないでよ。」

「…。あぁ。」

「でも、ごめんね。お願いわかって。久しぶりに会えて楽しかったわ。」

「わかんねーし。だから、なんなんだよ。」

「お願い。もう何も言わないで。それじゃぁね。」

「おぃ!!」



「あーもう離してよ!!」

「いやだよ。」

「いやだもう。もう離してってば、もう帰るの!!!」

「だから、何でなんだよ!!」

「いいわ。わかった。話す。話すから離して。」

「…。」

「大丈夫だと思ったわ。」

「…?」

「もう私達別れて半年だもんね。もう友達としてあなたと話せるって。」

「…。」

「そう思ってたわ。」

「…。」

「今日偶然会って。最初は大丈夫だと思ってたの。」

「…。」

「懐かしかったし、昔の思い出とかちょっと話したいなーっとかも思った。」

「…うん。」

「…でも。でも、やっぱりダメなの。あーもう。ね!もうわかったでしょ!!」

「おぃ、待てよ!!」



「もー!!許して!やっぱりダメなの。ダメなのよ!!」

「なんがだよ!!」

「あなたとこうして二人でいると、やっぱり辛いの。」

「…なぁ。」

「辛いのよ!!辛いし、怖いの。」

「…。」





「あなたといると…好きが止まらなくなっちゃうの!



こんなこと言わせないでよ!

…。もう、もう満足でしょ。




…じゃぁね。元気でいてね。」






「…。」

「…。」

「……。」

「……バイバイ」

「……。」

「……。」







「……止めるなよ!」







「……っえ?」
















「俺も好きを止めないから。」









※開封後はなるべくお早めにご使用ください。

スポンサーサイト



人の話しはちゃんと聞きましょうHOME安西先生、漫画が読みたいです (二巻)

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。