スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



fate

僕は「ゆんた」という存在に自分自身の心を持たせてるつもりです。

僕の分身ではなく、僕自身。

ゆんたという名前と文字を借りて、僕はネットの世界に暮らしています。



ブログを始めるに至った経緯はいつかお話しするかもしれませんが、

正直、ブログがコミュニケーションする場だとは思ってませんでした。

以前の僕にとってのブログはただ読むものでした。

もちろんコメントなんかしたことは一度もありません。

今でもコメントは苦手です。



だから、ブログを始めてから今日まで。

僕はいろんな驚きでいっぱいでした。



メールやコメントでネットの住人とコミュニケーションをすることを学びました。




「顔が見えない実体のない相手」

よくそんなことが否定的に言われます。

僕も正直そう思います。

いまここにいる、ゆんたに実体はありません。

心というものに実体がないからです。



それは逆説的に、ネット上のコミュニケーションで心と心のつながりが生まれるという可能性を示しているのではないかと思います。




実社会での心のやり取りが体を媒介しているのに対して、

ネットでは文字を媒介にしている。

ただそれだけなのではないでしょうか。






心の繋がり。

これは実社会でも最も大切な要素のひとつです。

確かに。ネットで見えるのは文字だけかもしれません。

確かに。相手の表情が見えないのはいろいろ不安かもしれません。



そして、文字だけに頼ったコミュニケーションはいろいろと誤解や思い込みが生じやすいものです。

あくまで、そこに見えるもの以上のものが見えにくいからです。

そして、文章は解釈が可能だからです。

だから、思いがけない誤解をされることがあるかもしれないし。

自分が意図しないようなゆんた像を持ってる人もいるかもしれません。




でも、僕はそもそも文章にはその人の人柄が滲み出てるものだと思いますし。

たとえそれが誤解や思い込みだとしても、

ある日、「へーこの人こんなことも考えてるのか」とか思うときがあっても。

それがプラスの感情でもマイナスの感情でも。

僕が見つめているのはその人自身なんだと思います。




つまり、ネットの世界のコミュニケーションはただ表面的なものではなくて、

もっと心と心を繋ぐ架け橋になってるんだと思います。




だから、ネットを通して、ただの文字を通して、その相手に好意を持つのは普通のこと。

その人が息吹を込めてるネットの住人はきっとその人自身の心も運んできてるから。

それが心の一部であっても、実社会では泣いててネット上で笑ってても。

僕が見ることができる「その人」を、感じることができる「その人」を。好きになったっていいよね。


ネットで会うその人がネットでしか会えない人であっても、

まったくの虚像なんてことはないよ。きっと。















スポンサーサイト



クリスマスの思ひ出ぽろぽろHOME第一回ゴールデン・ボール賞開催

COMMENTS

   話題の○島○奈子ちゃんの
 ヌード写真集の撮影現場の○撮映像を
       独占入手!!
    過去、川○じ○んちゃんの
 独占にも成功した当サイト自信の1本!!
      期間限定無料配信中!!
  まずはサンプル画像からどうぞ!!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://bigsio.jp/~449/

さんへ

貴重な情報ありがとうございます。

でも。

話題の○島○奈子ちゃんも

川○じ○んちゃんも



誰のことかさっぱり検討がつきません。

ゆんたへ

検討じゃなくて、見当だからね。

太文字にして間違えんな。
それ、ちょー恥ずかしいから。
頼むよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。