スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



逃避行 ~妄想~

それは一通のメールから始まる物語。


................................................................







――ブログ読ませていただきました。

   記事に登場していた、お姉ちゃんって私のことかもって思って――








このメールに該当する記事とは、もちろんこの記事この記事のことだ。







「よし、きた。」







ロミオは心底そう思った。こうなることを見込んでの更新だったのだ。

ブログであの時のお姉ちゃんのことを書けば、

もしかしたら僕のことを見つけてくれるかもしれない。

ブログを出会い系に使うなんて最低だ。











――お姉ちゃん。今度、会いましょう。











面倒臭いので、とんとん拍子で話しは進み。

無事。落ち合う日が決まった。実に3年ぶりの再会だ。







ロミ「こんちは。お久しぶりです。」


ジュ「こんにちわ。ごめんね、お昼に呼び出して。」


ロミ「いえいえ。どーせ、暇ですよ。華の大学生活ですから。」


ジュ「私。3時には帰らないといけないからね。さっそく、ご飯でもいきましょうか。」







そんな風に二人はデート重ねていった。

デートはいつもランチで、それが済むと彼女は足早に家に帰ってしまう。



でも、その日は違った。

ロミオは告白の決意を固めて、彼女を呼びとめたのだった。












ジュ「あ、じゃぁ、私。そろそろ帰らなきゃ。」


ロミ「ちょっと、待ってくれないかな。」


ロミ「大事な話しがあるんだ。」


ジュ「ちょ、っちょっと、待って。」


ジュ「その話しはしちゃいけないわ。」


ロミ「どうしてだい?僕の気持ちはもうわかってるだろ?」


ジュ「ねぇ、ロミオ。あなたは本当に忘れてしまったの?」


ロミ「…??」


ジュ「あの日の会話。思い出してみて。」


ロミ「あの日?僕らが出会った飛行機での会話かい?」


ジュ「ええ、そうよ。よーく思い出してみて…」










ロミ「お姉さんって、熊本の人ですか?」


ジュ「今度、福岡に住むことになったの~」


                 ⇒参考記事「逃避行 ~後編~」









ジュ「そう。その会話よ。もちょっと、正確に思い出してみて…」









ロミ「お姉さんって、熊本の人ですか?」


ジュ「…ちょっと海外の方に行っててね。そして

    …今度、福岡に住むことになったの~」









ジュ「いいわ。もうちょっとよ。もうちょっと正確に思い出して。」


ロミ「いやだよ。なにか、嫌な予感がする。」


ジュ「ダメよ。ほら、ちゃんと思い出して…」











ロミ「お姉さんって、熊本の人ですか?」


ジュ「うん。でも、旦那の仕事の都合で、…

    …ちょっと海外の方に行っててね。

    そして今度、福岡に住むことになったの~」











ロミ「……。」


ジュ「思い出したみたいね。そう。私には旦那がいるの。」


ロミ「…関係ない!そんなの関係ないよ!!

   なんの為に逃避行ってタイトルつけたって思ってるんだ!!

   一緒に行こう!!!」


ジュ「それは出来ないわ。確かにあなたに少しは惹かれる私がいるけど…」


ロミ「…。だったr…」


ジュ「もし私が分身でも出来て二人になれたら、片方の私は迷わずあなたのもとにいくわ。」


ジュ「でも、そんなことできないじゃない…わかって。」


ロミ「じゃぁ!じゃあ、分身出来ない一人の君は、僕を選んではくれないの?」


ジュ「そうね。あなたより今の生活の方がずっと大切だわ。ごめんなさい。」


ロミ「そんな!待ってくれよ!!君は僕の運命の人なんだ!!!」


ジュ「ごめんね。でも、大丈夫よ。あなたの運命の人はジュリエットって名前だと思うわ。」


ロミ「なに、言ってるんだよ!!俺には君が必要だ。」


ジュ「さようなら。もう帰らなきゃ。夕飯の支度があるの――」





ロミ「ちょ、待って!!待ってくれよ…










  じゅんこぉぉおおお!!










.................................................................




こうして、ロミオと順子の恋物語は幕を下ろした。

ロミオがジュリエットに、

マジで恋する(とってもとってもとってもとってもとってもとっても)前のお話し。






(おしまい)






※この物語は若干の実話を基に、ゆんたが構成したフィクションですが、
 こんなことばかり思つく僕はどうかしてるんだと思います。


※登場人物はすべて架空の人物であり、お姉さんの名前は正直覚えてません。


※お心当たりのある人妻のお姉さん。メール待ってます(やめなさい!)







なんか…






こんな結末で、





ほんとごめん。
スポンサーサイト



南の少年が北の名言を叫ぶHOME逃避行 ~後編~

COMMENTS

ぢゅんこぉぉぉぉぉぉ!!!!(笑)
うん。ゆんつぁんはどうかしてると思うよ(ノA`)
やっぱねぇぇ変態なだけあるよねぇぇぇ(笑)
テストおわった感じですか??(☆Д☆)キラリーン♪
おつかれとか絶対いわないけどww(笑)

う~ちゃんvvへ

う~ちゃんvv!!??笑。
なに??なんでそんな俺に挑戦的なわけ?笑。

すごい変態扱いになっとるし笑。

テストはまだまだ。勉強しなきゃだよ。
こら!お疲れくらいいいなさい!笑。

お仕置きしちゃうぞ(はぁと)

∑( ̄□ ̄;)ナント!!
おねーさん、旦那さんいたのか・・・。
それはおもってもみなかった展開!!

でもそうゆうメールとか来たら
運命の出会いだと思っちゃいますよね。
いいなーーー。
そうゆう出会いしてみたい(笑)


面白かったです^^
私は最近ブログに行き詰ってます_| ̄|○

飛行機の上で恋が始まり、
飛行機の上で恋は終わった・・・。
そう考えるとなんだかロマンチックですよ、
旦那がいても、好きで仕方がなかったら、
恋のフライトするべきでしたよ!

でも無理ですよね(笑)そんなことは。

マジで恋する(とってもとってもとってもとってもとってもとっても)前の話、キュンとしました!
ぜひぜひ今度は秋葉原の話を(笑)

こんな展開が(笑)
まぁ、でも妄想編だったようですし、
残念でしたーってことでw
ネタに思いっきりなってていいですね!
面白かったですよー!
これが本当のことだったらかなりイタイですけどね♪

でも、運命の出会いはしてみたいです(笑)

ま、まぁ・・・。
妄想だし。
ゆんたには人妻願望があるって事が分かっただけでも良しとするわ。
(絶対良くない)

妄想してる間、楽しかったんでしょ?(笑)

あ、そうそう。
ゆんたにバトン回したから、気が向いたら受け取ってやってー。
ほら、ネタが降ってきたと思ってさー。(爆)

お仕置きされちゃう(はぁと)笑。
絶対されたくないけど!!(*´∇`*)
てか絶対近づきたくないけど!!(笑)

あれ??挑戦的かな??(笑)
ゆんたんならいいかなって。。
そのへん適当ww

テストこれからなんですか。。おつか・・・。。。
だめだ!!やっぱ言えない!!(笑)

ゆんゆ~~んv-345

人妻のお姉さんが来ましたよ~~~v-238
でもでも、残念ながら九州には行った事がないのよね~~v-356

因みに、旦那は海外出張中です!!(あれ??笑

おー!!
まさか、人妻さんだったとは!!
じゅんこさん、旦那を捨ててゆんたさんに来るのか(笑)
ちょっと無理かなー(笑)
でも、おもしろかったです(>_<)
流れが完璧でした(笑)

さとさんへ

そうです。いい人って売れてるんです。
でも、ぼくは売れ残ってますよ♪
あ、でも姉妹になったんでしたね。あぶないあぶない。

面白かったっていってもらえて嬉しかったです。
ぼくなんて、記事をアップした時点で書いたこと後悔しますよ。
公開したら後悔みたいな。
さとさんのブログ、僕好きですよ!
和みますよ。絵とかも癒し系でほのぼのします。。
リモコンもよかったけど笑。

スミタカストーンさんへ

「~前」てしたくて。
でも、思いつかなかったんで、使わせてもらいました。申し訳ない。

なかなか飛行機からバンジーするような恋はできませんね。
上空一万フィートの恋のお話しでした。

てか。ごめんなさい。
秋葉の話し割といい経験したんですけど、
プリキュアはでてこないです。
プリキュアとは絡んでないんですよ。
ごめんなさい。
期待させてといてごめんなさい。

彩世さんへ

そうそう。妄想編ですよ笑。
運命の出会いとかしょっちゅうなんですけどね。
妄想だと。。

あ、ぼく会員ナンバー325で♪
そうすれば、彩世さんの誕生日忘れないです!
でも、会員番号ごと忘れそうです(はぁと)

あと、同盟の名称、2秒ほど考えてみましたが、
思いつきませんでした笑。考えといてください笑。
でも、考えたら面白いよ。
だって、ながーくなるもん笑。

って、ここで返事してみる。

ミッチーさんへ

人妻願望なんてないないないない笑。

たまたま愛した人が人妻だっただけですよ(それもどうなんだ)
てか、愛してないって笑。

妄想してるあいだは楽しかったですよww
もちのろん笑。

で。
バトンいただきました。
気長に待ってるとそのうちやりますよ。
質問はコピーさしてもらいました!!

う~ちゃんvvへ2

ちょうどコメント返ししてるときだったけん、
う~ちゃんvvのコメントリアルタイムでみたけど、
う~ちゃんvv!?って感じだったよ笑。

おつかれはやっぱいわないんだね笑。
でも、とりあえず。そこおつかれじゃないよね笑。
頑張れだよね笑。

でも、テスト受けないことにしましいた↓↓

ショボーン。あぁ・・初ブッチ。。。

ゆきさんへ

そう!ゆきさん人妻さんですもんね。

人妻のお姉さんですねww
ほんとにゆきさんピッタリな気がします。

え、九州来たことないんですか?
僕が案内しますよ。手取り足取り笑。

旦那さん海外出張中ですよね!!
そりゃーもう。手取り足取り・・(妄想中(やめなさい)

馬刺しおいしいですよ。
でも、たぶん好き好きです。ただの生肉ですからね笑。

郁貴さんへ

まじすか!?
郁貴さんに褒められるなんて思ってももませんでした。
うれしかったです。

でも忙しいのに、三部作なんか書いてる僕はどうかしてます笑。

でも、じゅんこさんが旦那を捨てて、
僕に来てくれるって展開はなかったかも。。
妄想まで振られる僕っていったい。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。