スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



疲れてるんならやめれば?

まりあが成長しててビックリしました。ゆんたです。




さて。

前回の記事で、ぼくがチョコ好きな話しをしたんだけど、

えっと、まあバレンタインの戦績なんてやぼなことは聞くんじゃなか。



今日もそんなお話し。若干時代遅れ感はいなめないけど






・・・・・・・・・・・・・・ケース3;バレンタインにチョコをもらう場合・・・・・・・・・・・・・・・・




こんな僕ですがもの好きな人もいるもんで、ちゃんとチョコをもらったこともあるんです。



高校三年生のバレンタイン。




たぶんどこもそうだと思うけど、

高3の2月とかもう一斉授業はないのよね。


センター試験も終わって、あとは私大組や国立組。そんでもう受験終わった組。

それぞれの必要な授業に合わせて学校にいくんだよね。

もちろん、いつ行くのもいつ帰るのも自由。出席なんかあってないような。





ま、それは2月14日も同じわけで。


ていうか、2月14日だけ一斉授業とかされたら迷惑なんだけど。



で。バレンタインムードなんて我関せずな感じで、

なんかの授業があってぼくは登校したんだよね。





授業が終わったけん、今日学校にいるのは拷問じゃんってことで、

さっさとおうちに帰ろうと昇降口にやってきたの。




昇降口には誰もいなかったの覚えてるな。









「ゆんたん!」




靴をはこうとしてるときに、誰かに呼び止められたったい。


ふいに顔上げると、同じクラスの女の子が駆け寄ってくるの。




で。ぼくのとこにきて、何も言わずに手渡してくれた。




とりあえず、僕は状況が飲み込めてなくて。


2,3秒だと思うと思うけど、すっごい長いようなそんな時間見つめてた。



「あ・・どうも」



ぼくがそう言うか言わないかのうちに、彼女は走り去った。





あの時、言えなかったけど。



ひとつだけ言いたいことがあったんだよね。



伝えたいことがあった。




このブログは見てないって思うけど、この場を借りて彼女に言いたい。

















チョコは?








彼女がくれたのはクマのぬいぐるみでした。


(僕はチョコ好きです)




あらま。後半までくるなんて僕のこと好きなんですね。

チョコは年中募集中ですよ。



実はこの話し、もうちょっとだけ続きがあります。


続きってこともないんだけどね。



まぁ、特にその後アクションもなく、僕らは普通に卒業したわけで。





で。去年かな。久しぶりにその女の子と会うことがあって。



ちょっとだけ昔話をしました。






女「あたし○○のこと好きだったんだけどな」

僕「うん。知ってる笑」

女「なんで告白しなかったんだろう」

僕「知らないよ笑」



女「…。」




女「あたし今でも○○のこと好きだよ」

僕「そう。ありがと。幸せにな!」

女「うん」






4年越しの告白ですね。



彼女の時間もちゃんと進んでて、

今ステキな彼氏さんがいるそうです。





人の出会いは一期一会。

今を大事に。今の気持ちを大事に。




スポンサーサイト



115代目バトンHOME南の少年が北の名言を叫ぶ

COMMENTS

夏の星座にぶらさがって~・・♪

この歌、あたしカラオケでよく歌うよ?
(意外とか言うなー!)
aikoかわいい♪
今もノリノリで歌っちゃった。

・・・で、何の話だっけ?(笑)

ゆんゆ~~~~んv-238

さっき、るるたんまで『チョコが・・・』って言ってたよ(笑

てか・・・それってクマのお腹に隠しチョコとかあったんじゃ??(それは無いか (^ω^;)マアマア

くまのぬいぐるみー!
それなくならなくて∑d(゚∀゚d)イイ!
なんかいい話ですね^^

あとその彼女に彼氏がいなければ
もっとよかったのに・・・。

ミッチーさんへ

曲のテンポの割りに歌詞がやたら切ないですよね!
最近この曲のよさに気付きました。


えっと、ミッチーさんのカラオケの話です笑。

ゆきさんへ

まじすか笑。るるにまで伝染しちゃいましたねww
でも、るるにだけチョコあげるとかなしですよ!


クマのお腹今度調べてみます(実家にあるはず

さとさんへ

ぬいぐるみもらってもポカーンでしたよ笑。
だって、男の子だもん。これをどうしろと・・笑


いやーどうでしょうね・・ま、人生にタラレバは無しですよw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。