スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



あきがくーればおもいだすー

10月も終わりをむかえ、

ここ九州においてもやっとこさ秋の気配が醸しだされているわけで、

だんだんとベスト半ズボン麦わら帽子ゴム人間といった、

ルフィか!!って輩は姿を消し、

徐々にランニング半ズボン麦わら帽子といった、

山下清か!!って輩が顔を出し始める今日このごろ。

彼らには大きめのおむすびをくれてやりました、ゆんたです。




さて、じっさいもっさい最近寒くなってきた。

おととい仕方なく毛布をだしたところだけど、

こんな風に季節の変わり目には僕はよく体調を壊す。

実は喘息もちの僕。

季節の変わり目は喘息がひどくなるけん、

最近のムツゴロウさんみたいに弱ってしまう。




で。

この季節になると思い出すこと。


喘息が一番ひどかった小学生のころ、たしか六年生だったと思うけど。

一週間くらい入院したのよね。



したら、気を利かせた担任の先生が、

寄せ書きみたいな形でクラスの一人一人に別々に手紙を書かせて、

そいつらをまとめて送ってくれたのよ。



「○○大丈夫か??」とか

「はよ帰ってこいよ」とか

「待っとーばい」とか

みんな心温まることを書いてくれてたんよね。





いい話、ここまでは。




僕にはそのころ付き合ってるなんて到底言えないけど、好き合ってる(イヤン


女の子がおったったい。ゆん子ちゃん(仮名 ←あたりまえだ


その子は別のクラスだったんだけど、その子の友達がうちのクラスにおってから、


そいつらがいろいろとゆん子のこと書いてたわけよ。





でもね、














親も読むから!!!(汗



うちの家庭は会話のない家族九州地区代表に選ばれるほどで、

こういう色恋沙汰なんかまったくのタブー。



いまだに親にとってのゆん子はこの子が最初で最後。








最後とかゆうな!!!縁起でもない。




だけん、この手紙に行き着いたとたん

僕と親の間で気まずさ全快、沈黙到来。



事件は教室で起こってるんじゃない病室で起きてるんだ(泣



って、叫びたい気分。もっといろいろ配慮して手紙かけーー




こんな状況。


一人目の手紙「P.S.ゆん子ちゃんも心配しとったよ~」

母「………………………」(誰ゆん子って??

僕「………………………」(こらーーあいつのこと書くなーー






二人目の手紙「ゆん子ちゃんも気にしとったけん」

母「………………………」(あら、彼女だろかしらん?

僕「………………………」(だーぉ、心の声がぁああーー







三人目の手紙「ゆん子ちゃん連れてお見舞いいこうか?」

母「………………………」(どんな子だろかぁ?

僕「………………………」(やめてくれーもう許してくれー






四人目の手紙「早くよくなってって、ゆん子ちゃんも言ってるよ」

母「………………………」(まぁ、知らん間にいっちょまえになってから

僕「………………………」(いままさに、悪化してますからーー








五人目の手紙「あんまゆん子に心配かけなすなよ」

母「………………………」(こりゃお父さんに言わなんばい

僕「………………………」(つーか、なんかしゃべれ、ばか!!














退院が延びた。





スポンサーサイト



予知夢~24 シーズン6~HOME10月26日のマーチ

COMMENTS

ブログ、拝見しました。面白いですね。
『皇室神道は、神道(しんとう)の5領域の1つである。彼らは未だに三種の神器(さんしゅのじんぎ)とやらを代々継承し、天皇は1日以上出かけるときは、息子に剣(つるぎ)と曲玉(まがたま)を渡して出かけるという習慣がある。これを剣璽御同座(けんじごどうざ)と呼び、実際に今現在も行われているのである。こうした儀式に国税が使われるのは、まっぴらごめんである。右翼が信者として、彼らを養いたけりゃ、養えばいい。この国にたまたま生まれてしまったからといって、自動的に、信者でもないのに皇族を養わなければならないのは、国民の大いなる不幸である。皇族反対者が払う税金は、ビタ一文、彼らに使われてはならない』http://blog.livedoor.jp/tarotohachinosu/

ええ、もう何ていったらいいやら…
とりあえず、ご愁傷様ですw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。